HOME > よくある質問

アイクーリング導入時によくある質問をご紹介します


 
Q:どうやって使うのですか。
A:電源を入れてご遺体を寝かせるだけで冷却ができますので、誰でも簡単にご使用できます。


 
Q:背中から冷やして冷却効果はあるのですか。
A:仰向けの状態で安置すると、重力によって身体の血液は背中の方へ流れます。
また、背中は一番熱がこもりやすいため、背中から冷やすことで効率よくご遺体を冷却できます。
ご遺族が触れることの多い顔や手、身体の表面は凍ることがなく柔らかい皮膚のまま安置できます。



Q:ご自宅での安置に使えますか?
A:3分割になっていて、専用バッグも付いているので持ち運びが可能ですし、家庭用電源で作動しますのでご自宅での安置にもお使いいただけます。



Q:ドライアイスのような交換作業は必要ですか。
A:必要ありません。
ただし、正常に冷却されているか、定期的に冷却温度計にて確認することをお奨めします。



Q:温度調節は必要ですか。
A:必要ありません。
ただし、室温によって冷却温度が変わりますので、室温が25℃以下になるよう空調設定をお願いします。



Q:電源を入れたらすぐに冷却できますか。また、冷却温度はどのくらいですか。
A:電源を入れるとすぐに冷却を開始し、20〜30分ほどで冷却温度はマイナスに到達します。
冷却温度は、室温からマイナス約30℃ほど下がりますが、実際の冷却温度については側面に付いている温度計によって確認することができます。


 
Q:何日くらい安置できますか?
A:実際にご使用になっている葬儀社様からは、1週間から10日間は問題なく安置できているとの報告をいただいています。
ただ、ご遺体の状況によって腐敗の抑制度合いが変わりますので、ご遺体に変化があった場合はドライアイスを補充していただくか、冷蔵庫保存に切り替えていただくかの対応をお願いします。



Q:ドライアイスは全く必要ないですか。
A:通常のご遺体であれば不要ですが、高熱疾患によるご遺体や肥満体型のご遺体など、早急に冷却が必要なご遺体など、ご遺体の状況に応じてドライアイスや保冷剤の補充が必要となることがあります。



Q:どんなご遺体にも使えますか。
A:耐荷重量が150㎏となりますので、その体重を超えるご遺体や腐敗が進行しているご遺体、感染の恐れがあるご遺体の場合は、ご使用を避けてください。



Q:故人が愛用していた布団で寝かせてあげられますか。
A:厚手の布団をご使用になると冷却効果がなくなってしまいますので、専用布団(別売り)のご使用をお願いします。



Q:納棺してからも使えますか。
A:安置のみの対応となります。
納棺後にも対応する場合には、棺に穴を空ける必要があります。その他に敷き布団の使用はNG、旅立ちの衣装は薄手のものに限定してしまうため、納棺後はドライアイスや保冷庫などで対応していただくようお願いしています。



Q:安置に必要な1日の電気料金はどれくらいですか?
A:約104円(消費電力160w、1kWh@27円で計算)です。(電力会社や使用状況により異なります)



Q:本体の色や仕様を変更することは可能ですか。
A:本体のお色はご希望により変更することも可能です。
また、キャスター付きなどご希望の仕様に変更することも可能ですので、お気軽にご相談ください。
※ 納期及び販売価格は変わりますので、事前にお見積もりさせていただきます。